タマゴサミン 効果 半月板損傷

【タマゴサミン効果検証】アイハは半月板損傷にも期待ができる成分なのか

半月板などの関節軟骨は老化現象や過酷な労働、激しいスポーツによって、磨耗したり損傷する可能性が高くなります。

 

半月板が損傷すると膝に水がたまったり、膝関節の曲げ伸ばしができなくなってしまうロッキングという現象がおこります。

 

一度、半月板を痛めてしまうと、血液が通っていない部分は再生しないため、元に戻ることはありません。

 

そのため半月板が関節に挟まったり、大きな痛みが出てくる場合は、日常生活に支障がでるため、膝に小さい穴をあけて関節鏡というカメラを入れる手術でちぎれた半月板を切り取ったり、糸で縫いつけたりします。

 

軽度の半月板損傷であれば保存療法が選択され、膝を固定して痛みが治まるまで安静にして、リハビリを行います。

 

わたしも学生時代にサッカーで右膝の半月板を損傷したのですが、治りが悪く、膝に水がたまったり、膝崩れが起きて悩まされていました。

 

結果的に手術を選択することになり、右膝の外側にある半月板をほとんど切除しています。

 

半月板を痛めると関節の曲げ伸ばしに制限がかかって、階段の上り下りや歩行動作などが上手くできなくなるので本当につらい状態が続きます。

 

当時も、手術の前後にコンドロイチン系のサプリメントを飲んでいましたが、やはりそれなりに体感があったのを覚えています。

 

タマゴサミンの効果は半月板損傷にも効果はあるのか?

 

タマゴサミンに含まれているNアセチルグルコサミンやU型コラーゲンには関節の曲げ伸ばしをサポートする役割があります。

 

とくに卵黄から抽出したアイハ成分は関節を滑らかにするサポート成分を作る手助けをしてくれます。

 

このアイハの効果は、ヒアルロン酸産生促進成分として産経新聞の大阪本紙夕刊に掲載されるほど実績のある成分です。

 

アイハ成分を継続して摂取したことで関節の曲げ伸ばしがスムーズになり、アクティブな生活を送れるようになった人も続出しています。

 

もちろんタマゴサミンは薬ではありませんので効果効能を謳うようなことはできません。

 

ですが、継続して飲み続けていくことで、関節の曲げ伸ばしがスムーズになって快適な生活が送れる可能性も充分にあります。

 

「サプリメント=食事の延長線上にあるもの」という認識で、日々の生活のなかで取り入れてみてはいかがでしょうか\(^o^)/

 

わたしがタマゴサミンを購入して、実際に検証した様子を写真付きで掲載している記事はコチラからお読みいただけます。