タマゴサミン アイハ 効果 骨粗鬆症 口コミ

タマゴサミンのiHA(卵黄ペプチド)が骨粗鬆症に効果があるというのは嘘なの?

タマゴサミンのなかに入っている原材料に卵黄ペプチドという成分があります。

 

卵黄ペプチドはアミノ酸同士が鎖状に引っ付いて出来たもので、身長を伸ばすことを謳っている健康補助食品にも配合されています。

 

卵黄ペプチドのことをボーンペップと言うのですが、実はタマゴサミンのなかの卵黄ペプチドは骨粗しょう症にも効果が期待できることが分かっています。

 

骨粗鬆症ってどんな病気?

 

骨粗しょう症は高齢化社会によって加速度的に増えている病気で、いわゆる骨の密度が低下する病気のことです。

 

骨密度が低下すれば骨の中身がスカスカになって、ちょっとした衝撃や圧迫が加わるだけで骨折を起こします。

 

一般的に骨密度の低下は加齢や閉経などが原因になって現れますが、代謝性、内分泌系などに異常がでてくることでも骨粗しょう症が起こります。

 

タマゴサミンの卵黄ペプチドを3ヶ月継続摂取すると骨粗しょう症の骨密度低下が抑制できる

 

骨密度の状態を専門家が詳しく検査したところボーンペップを摂取したほうに良い変化が見られたようです。

 

タマゴサミンの卵黄ペプチドはiHA(アイハ)のことなので、iHA(アイハ)成分を継続的に摂取することで骨粗しょう症への効果も充分に期待できると言えます。

 

もちろん、タマゴサミンは薬ではないので、病気の治る効くという表現は薬事法に抵触するため、それらを謳うことはできません。

 

ですが、「卵由来の骨強化組成物」としての特許を取得していることや、「骨芽細胞増殖促進効果を有するペプチドおよびその利用」という特許カテゴリで特許出願している状況をみると、タマゴサミンの骨粗しょう症への効果に大きな期待がもてます。

 

骨粗しょう症の予防と改善には日常生活での過ごし方が大切

 

iHA(アイハ)成分が骨粗しょう症の骨密度の低下を抑制することは間違いのないことですが、やはり日頃の食生活や運動習慣などの規則正しい生活を送ることで、さらに大きな効果をもたらすことが可能です。

 

例えば、日頃から家のなかや会社のなかで閉じこもって家事やデスクワークをしている人は、どうしても骨密度が低下してしまいます。

 

骨密度を上げて骨を丈夫にするには、外に出て太陽の光を最低でも10分以上は浴びるようにしましょう。

 

陽の光を浴びることで体内でビタミンDが合成されてカルシウムの吸収が促進され、丈夫な骨が出来上がるためです。
また、陽の光を浴びながらウオーキングなどを取り入れて骨に軽い刺激を与えることで、更にカルシウムが吸収されやすい状況が整います。

 

ぜひタマゴサミンにプラスして、日光浴を積極的に取り入れていきましょう。

 

>>タマゴサミン割引適用ページをチェックする