タマゴサミン アイハ N-アセチルグルコサミン 効果なし 嘘

アイハ効果を相乗させるN-アセチルグルコサミンってどんな成分?!

タマゴサミンのなかには軟骨のクッション成分を生み出してくれるアイハと、カラダのなかでの利用率を約3倍高めてくれる高濃度グルコサミンが配合されています。

 

高濃度グルコサミンは専門名称でN-アセチルグルコサミンといって、一般的なグルコサミンのように人口的に作られた成分ではありません。

 

一般的なグルコサミンは「グルコサミン硫酸塩」という正式な呼び名があるのですが、人口的に酸分解して抽出した成分のため苦くて渋い味がします。

 

天然型のN-アセチルグルコサミンは安心で安全で美味しく飲める

 

タマゴサミンのなかに配合されているN-アセチルグルコサミンは、ゆっくりと時間をかけて酵素分解をして作られた天然由来のグルコサミンです。

 

自然のままの形を壊されないように作られていることもあって、通常の酸分解させたグルコサミンのように苦い味はせず、ほのかに甘みがあるのが特徴です。

 

実際にタマゴサミンを口に入れた状態で、水で飲まずにそのまましばらく舌の上に乗せてみたんですが、少し甘みがあるのが実感できました。

 

そういった部分も考えると、従来のサプリメントに比べて、なによりも安心して飲むことができるので嬉しいですね。

 

タマゴサミンは人口のグルコサミンのように苦くて渋い味がしないので、楽しみながら継続していけると思います。

 

N-アセチルグルコサミンは分子が小さいので、体内吸収されやすい

 

タマゴサミンのなかに配合されているN-アセチルグルコサミンは非常に分子のサイズが細かくて小さいので体内で吸収される割合が物凄く高くなります。

 

N-アセチルグルコサミンは、軟骨のクッション成分であるヒアルロン酸分子の400〜3000分の1の大きさしかないと報告されているくらいです。

 

しかも通常のグルコサミンのように人口的に酸分解させて急速に作られたわけではないので、私たちのカラダのなかにある分子と同じ形をしているので尚更です。

 

分子が同じサイズということは、それだけ体内で吸収されやすく、利用される割合も増えるということなので、効果が実感しやすいとも言えます。

 

ちなみにタマゴサミンのなかに配合されているN-アセチルグルコサミンは体内で利用される割合が約3倍以上なので、ますます期待ができますね。

 

従来のグルコサミンやヒアルロン酸サプリメントで効果を実感できなかった人にとって、タマゴサミンは体内吸収率の面でも大いに力になってくれると思います。

 

タマゴサミンには生み出す力を高めるアイハが配合されているので、N-アセチルグルコサミンの体内吸収率がさらに上がることが期待できますね!

 

ここまでの文書が、むずかしくてあまり理解できなかったとしても安心してください。
とりあえずは、以下の要点だけを頭のなかに入れておけば大丈夫です。

 

  • ヒアルロン酸は分子が大きいから吸収されにくい
  • 通常のグルコサミンは分子は小さいものの天然型ではないので利用率が下がる
  • 天然型のN-アセチルグルコサミンは、分子が小さく、利用率が約3倍!!!

 

N-アセチルグルコサミンの1日の推奨目安摂取量は500ミリグラム

 

N-アセチルグルコサミンの1日あたりにおける推奨目安摂取量は約500ミリグラムと言われています。

 

ちなみに牛乳にもN-アセチルグルコサミンが含まれているのですが、牛乳から500ミリグラムを摂取しようと思ったら、1リットルの牛乳パックを5本飲む必要があります。

 

仮に、こんなことを毎日していたら確実に脂肪分のとりすぎで、カラダを壊してしまいますね。苦笑

 

低脂肪乳で実践してカロリーを抑えたとしてもお腹を壊すことになるので、タマゴサミンをなどのサプリメントから補給するのがお手軽で経済的だと言えそうです。

 

牛乳から摂取するなら100ml飲んで、10ミリグラムのN-アセチルグルコサミンを摂取するくらいが丁度良いのではないでしょうか。

 

ちなみにタマゴサミンの1日の推奨目安摂取量は3粒ですが、3粒のなかにN-アセチルグルコサミンが400ミリグラム入っているので、充分に摂取できると思います。

 

わたしは軟骨成分を速やかに吸収させたかったので、1日に6粒を2粒に小分けにして1週間くらい食後に飲んでいました。

 

もちろん飲み方などには決まりはありませんが、グルコサミンの体内吸収率をあげるには空腹時などは避けて、食後に飲んだほうが吸収率が期待できるようです。

 

N-アセチルグルコサミンには関節の軟骨を修復・再生してくれる働きが期待できる

 

N-アセチルグルコサミンには、節々の動きを滑らかにするだけでなく、関節の軟骨を修復・再生したり鎮痛作用の働きがあることも分かってきています。

 

膝関節症の方がN-アセチルグルコサミンを使用したことで、歩くときの快適さや日常生活の動きに改善がみられたことも検証結果として出ているようですね。

 

そういった面から見ても、タマゴサミンのアイハ成分とN-アセチルグルコサミンは非常に相乗効果が実感できる成分だと思います。

 

>>タマゴサミン公式サイト割引適用ページ