タマゴサミン 股関節 痛い アイハ 効果

股関節痛に効果のある3つの習慣でタマゴサミンの吸収率を高めよう!

股関節の痛みって辛いですよね、、、

 

もともと股関節がわるい人なら尚更のことですが、股関節を痛めたままにしておくと後々怖いことになります。

 

それこそ股関節の受け皿になってる臼蓋(きゅうがい)という部分が擦れて摩耗してしまうと神経にあたって強い痛みが出てきます。

 

最悪の場合、人工の股関節をいれる人工関節置換術という手術をすることにもなりかねませんので注意が必要です。

 

夜間時の股関節痛は本当に辛い.....

 

股関節の痛みのなかでも特に厄介なのが夜間の痛みです。

 

夜寝る前、布団のなかに入った時に股関節がズーーンと痛みだして腰から足にかけてダルくなるのは本当に辛いものがあります。

 

股関節のダル重い痛みで悩んでいる人は、あまりに酷い痛みで脚をちょんぎりたいと表現する人までいるくらいです。

 

股関節の痛みの原因

 

股関節痛の原因は大きく分けると2つあります。

 

ひとつは生まれたときから問題のある先天的な股関節痛、そして、もうひとつは体重増加や姿勢不良などの生活習慣によって起こる後天的な股関節痛です。

 

生まれたときから股関節の形が悪い人や、赤ちゃんのときにオムツの履き方に問題があった人は股関節の受け皿が浅くなっている場合が考えられます。

 

股関節の状態は整形外科で診てもらおう

 

整形外科でレントゲン撮影をすると、股関節の形や深さなどが分かります。

 

股関節に痛みなどがあって、なかなか治らない時は痛みを我慢せずに病院に行っておくと安心です。

 

ただ、病院に行ってもロキソニンなどの非ステロイド系の痛み止めや湿布薬を渡されることが大半です。

 

これでは根本的な痛みの解消にはなりませんし、対処療法だけに頼り切るだけでは不十分です。

 

なるだけ根本的な原因を解決して股関節の痛みを取り除ける方法を整形外科の先生に確認するようにしましょう。

 

ペイン注射を活用するときの注意点

 

とても強い痛みで歩くのも辛い場合は、ペイン注射といって、痛み止めを股関節の近くの筋肉に打つ方法もあります。

 

ただ、この方法も対処療法ですし、注射を毎回してると段々と筋肉自体が弱くなってくるので、なるだけ薬に頼らずに治していけるのが理想的です。

 

必要なときはクスリの力を借りて、できる限り痛みを早くとる。

 

そして、クスリを長期間服用すると副作用が必ずあるので、痛くならないように日々の生活習慣を見直す。

 

↑こういったバランスのとれた考え方が大切だと思います。

 

自分で股関節の痛みを治す具体的な方法

 

股関節の痛みを取る方法は大まかに分けると全部で3つほどあります。

 

1.ストレッチ(マッサージ)や筋トレをする

 

股関節の痛みに関係のある太ももやお尻の筋肉の硬さをストレッチやマッサージなどでほぐすことで股関節の痛みがとれていきます。

 

とくにハードな仕事をしている方やスポーツをされている方は筋肉に疲労が溜まりやすくなると言えます。

 

また長時間のデスクワークなどでも腰からお尻の筋肉の血流がわるくなって、股関節周りの筋肉が痩せやすくなります。

 

お風呂あがりのストレッチは、筋肉が硬くなるのを予防でき、股関節の痛みを出にくくすることが可能です。

 

先天的に股関節が悪い人や、デスクワークなどで筋肉をあまり使っていない人は、お尻や太ももの筋肉が痩せています。

 

スクワットなどの股関節に負担のかかる筋トレはオススメできませんが、脚上げ運動やウォーキングなどの軽い運動をすることで股関節痛の予防につながります。

 

2.十分な睡眠をとる

 

ここもかなり大切な部分です。

 

いくらカラダを鍛えても、しっかりとした休養がとれないとカラダは作られていきません。

 

人生の3分の1はベッドで過ごすと言われていますから、やっぱり質の高い睡眠をとることは大切です。

 

深い睡眠をとることができれば、成長ホルモンが分泌されて、病気になりにくいカラダを作ってくれます。

 

股関節の痛みも深い睡眠をとって、しっかりと休息することができれば、夜の耐えられない強い痛みも改善していく可能性が充分にあります。

 

わたしがオススメしている睡眠の質を高める方法はメラトニンという深い眠りに関わるホルモンの量を増やすことです。

 

メラトニンは日中の時間に外に出て太陽の光を浴びながら軽くカラダを動かすことで増えていきます。

 

陽の光を浴びるだけでも良いんですが、カラダを動かして適度に骨に刺激を与えることでビタミンDが作られ骨も丈夫にしてくれます。

 

普段からデスクワークなどで外に出れない場合は休みの日に外に出て陽の光を積極的に浴びてみてください。

 

ちなみにですが、朝起きて太陽の光を数分浴びると体内時計がリセットされて規則正しい生活ができるようになります。

 

夜寝る前にご飯を食べすぎると消化器官に負担がかかってメラトニンが分泌されにくくなるので、3時間前くらいには食事は済ませておきましょう。

 

3.バランスの良い食生活を心がける

 

人のカラダは食べたものでできているので、栄養状態の良し悪しで股関節のコンディションも大きく変わってきます。

 

とくに砂糖や油脂を多く使った加工食品はカラダを酸化させるので、なるだけ控えるようにしましょう。

 

酸化した食品ばかり食べていると筋肉も硬くなりますし、血液もドロドロになってくるので、股関節痛の大きな原因になると言えます。

 

なるだけ生の野菜や果物などの酵素を多くとるようにして、食べたものがしっかりと吸収されるような状態を作っておくことが大切です。

 

 

股関節痛に効果の期待できるサプリメント成分を活用しよう

 

股関節の痛みを根本的に改善していくには、運動・睡眠・食事の3つを見直していくことが大切です。

 

運動 休養 栄養の3つのバランスが整えば自ずと治癒力も上がっていきます。

 

治癒力が上がる段階でサプリメントなどの健康補助食品を摂取すると、更に股関節の痛みを改善することが期待できます。

 

股関節痛を早くに改善させるにはクッション成分が必要

 

股関節痛に限らず、関節の痛みを取り除くには関節の曲げ伸ばしをスムーズにさせるクッション成分が必要です。

 

年齢を重ねると、どうしてもクッション成分が減ってしまうので、滑らかな動きが難しくなるからです。

 

軟骨成分となるサプリメント成分をとることで節々の悩みが解消できると言われていますが、効果の実感度合いは人それぞれです。

 

サプリメントを選ぶコツは、ずばり体内吸収率

 

なかにはグルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントを飲んでも全く実感できない人もいます。

 

いくらグルコサミンやコンドロイチンを飲んでも、それを体に吸収させることができなくては効果を感じることができないためです。

 

体の中でサプリメント成分を効率よく吸収させるには、関節軟骨修復効果の期待できる成分を補給することが大切です。

 

例えばいくらグルコサミンを摂取しても、グルコサミンを体内に吸収させるためのクッション成分がなければ摂取したグルコサミンは全て排出されてしまいます。

 

なので、軟骨再生系のサプリメントを選ぶときは、吸収率や配合バランス、製品実績などを確認したうえで購入することが大切です。

 

わたしが気に入って飲んでいるタマゴサミンというサプリ

 

わたしは長年にわたり数々の軟骨再生系サプリを試してきましたが、そのなかでもっともオススメしているのがファーマフーズのタマゴサミンです。

 

発売開始からすでに5年の月日が経過してるタマゴサミンは長年の研究によって数々の実績を残しています。

 

なかでもアイハという卵黄からとりだしたペプチドグルコサミンの吸収率を爆発的に高めてくれる成分です。

 

すでにアイハ成分は関節軟骨修復効果が認められていて新聞にも紹介されています。

 

関節の曲げ伸ばしをスムーズにしたい方や、従来のサプリメントで実感できなかった方にはタマゴサミンがオススメです。

 

タマゴサミンの効果についての詳細は下記の記事から確認できます

↓↓↓

>>【タマゴサミン効果】医学博士の古賀昭義先生がアイハに興味津々!?