タマゴサミン 膝 痛い

膝を伸ばすと痛いときにもタマゴサミンは効果あり?!

タマゴサミンには関節の曲げ伸ばしに効果の期待できるサポート成分がバランスよく配合されています。

 

今までのグルコサミンやコンドロイチン硫酸とは明らかにコンセプトが違うため、次世代サプリとしての呼び声も高いのではないでしょうか。

 

今回は膝を伸ばした時の痛みにタマゴサミンのアイハ成分は有用なのか検証してみましょう。

 

タマゴサミン効果の原動力は新成分アイハ

 

膝のスムーズな曲げ伸ばしに欠かせないのは関節から産生されるヒアルロン酸などの潤滑油です。

 

膝の潤滑油が不足すると油切れを起こした自転車のチェーンのようにギーコギーコと音が鳴って膝の曲げ伸ばしが辛くなります。

 

自転車のチェーンなら556などの油を錆びている箇所に吹き付ければ解決しますが、膝の場合はそんな訳にもいきません。

 

潤滑油が不足した膝関節には間違いなくヒアルロン酸などのクッション成分が必要です。

 

ですが、ここで問題が起きてきます。

 

加齢、スポーツのしすぎ、立ち仕事、運動不足、睡眠不足、栄養不足

 

↑これらの原因によって膝の軟骨がすり減るとヒアルロン酸が上手く産生されません。

 

ヒアルロン酸などのクッション成分の材料となるグルコサミンやコンドロイチン硫酸を摂取しても、生み出す力が衰えていれば元も子もないからです。

 

タマゴサミンに効果が期待できるのは、ヒアルロン酸を効率よく運搬し、軟骨を丈夫にさせるアイハという成分が鍵になっているからではないでしょうか?

 

タマゴサミンが関節の滑らかな曲げ伸ばしを可能にしているのは、クッション成分を補うことにプラスして、生み出すアイハの力が搭載されているからに違いありません。

 

従来のグルコサミンやコンドロイチン硫酸のサプリメントで課題となっていた部分が、アイハが可能にしている生み出す力です。

 

これからは質の高い軟骨成分を取り入れることに加えて、軟骨を丈夫にさせてクッション成分を産生する生み出すチカラが主流になってくるような気がしてなりません。

 

膝を伸ばすと痛くなる理由

 

膝を伸ばした時に痛みが感じられた場合、まずは痛みの理由を特定することが大切です。

 

もし靭帯や半月板などの組織が傷ついて痛んでる場合はタマゴサミンなどのサプリでは解決できません。

 

靭帯が伸びていたり、半月板がちぎれている場合は、必ず医師による診断や治療が必要になってくるからです。

 

膝を伸ばしたときに痛む場合、下記のような原因が考えられます。

 

  • 筋肉が硬くなっている
  • 筋肉のバランスがわるい
  • 半月板が傷ついて損傷している
  • 靭帯が伸びて関節が緩くなっている
  • 軟骨がすり減って炎症が起きている

 

↑このなかで、もっとも多い膝を伸ばしたときに感じる痛みが筋肉の緊張です。

 

一般的に軟骨がすり減ると膝に痛みが起きると言われていますが、近年この理論は物議を醸しています。

 

結論から言うと軟骨にはほとんど神経は存在していません

 

神経がほとんどない軟骨がすり減ったところで、どうして痛みが起きるんだという理論もあります。

 

ですが、大切なのは理論ではなく痛みを改善・緩和・予防することです。

 

最近は医療や健康に関する情報の信ぴょう性が問われているためGoogleも大規模な動きを見せています。

 

私はGoogleがどんなアップデートをしようと、私が体験してきた経験則のなかから読み手のために質の高い情報を配信し続けるつもりです。

 

少し話がそれましたが、わたしがあなたに伝えたいことは、筋肉による緊張はストレスによって起こり、筋肉が緊張することで関節の機能が損なわれるということです。

 

軟骨に神経がほとんどなくても、軟骨が磨り減れば痛みの原因となる発痛物質が出てきます。

 

なので、筋肉も軟骨も常にいい状態を保っておくには、栄養 運動 休養は欠かせないのです。

 

タマゴサミンに依存してはいけない

 

タマゴサミンのアイハがいくら優れた成分であっても、そこに依存してはいけません。

 

タマゴサミンはあくまでも健康食品であって、痛みを劇的に緩和する魔法の薬ではないということを視野に入れておきましょう。

 

「健全な精神は健康な肉体に宿る」といった言葉があります。

 

1つのものに依存しては健全な精神は養えませんし、健康な肉体も手に入りません。

 

タマゴサミンは膝の曲げ伸ばしに効果が期待できるサポート成分として、節制した生活習慣を土台にしたうえで活用していきましょう。

 

>>タマゴサミン初回2ヶ月分(54%OFF最安値公式ストアはこちらです)