卵サミン タマゴサミン アイハ 成分

卵サミン(たまごさみん)って怪しいな〜って思いながらタマゴサミンの愛飲者になった経緯

最初の頃、タマゴサミンという名前を聞いた時は卵サミンだと思っていました。

 

しかもアイハという成分も全然聞き慣れない名前だったので、もう何が何やら分からない状態でした。

 

なので卵サミンって変な名前だな、「怪しくて胡散臭そう」って思ってたんですね。

 

ただ何となく頭から離れない言葉だったので、気になって卵サミンと検索窓に打ち込んでみたらタマゴサミンでした。笑

 

タマゴ(アイハ)+高濃度グルコサミンでタマゴサミン

 

タマゴサミンはタマゴから作られたグルコサミンのような感じがしますよね。

 

厳密にいうとタマゴサミンはタマゴの卵黄ペプチドと高濃度グルコサミンが引っ付いて出来たサプリです。

 

タマゴの卵黄から抽出したペプチドはタンパク質で出来ているのですが、このタンパク質のことをアイハと呼びます。

 

アイハには生みだす力が搭載されていて、ヒアルロン酸などのクッション成分を上手く作り出して軟骨に運んでくれる役割があります。

 

ウサギの関節軟骨修復効果が実証された試験もアイハというタマゴサミン独自の成分によるものです。

 

なのでアイハと言えばタマゴサミンというキャッチコピーがタマゴサミンの広告に頻繁に使われています。

 

タマゴサミンのアイハ成分×高濃度グルコサミンで元気で丈夫な軟骨に!

 

タマゴサミンの特徴は新成分のアイハだけでなく、吸収率の高い天然型のN-アセチルグルコサミンも配合しているところです。

 

N-アセチルグルコサミンなら人間の体の中にある分子とほとんど同じサイズなので効率よくスムーズにグルコサミンが吸収されていきます。

 

ただし、カニやエビなどの甲殻類にたいしてアレルギーのある方はタマゴサミンを飲むことができません。

 

食物アレルギーのない方ならタマゴサミンは何方でも試すことができるので、今までのグルコサミンやコンドロイチンで効果を実感できなかった方にはオススメです。

 

タマゴサミンを継続的に愛飲している理由

 

当初は怪しくて胡散臭くて嘘っぽいと感じていた「卵さみん」ですが、今ではすっかりタマゴサミンのファンになっています。

 

タマゴサミンを飲んでいる理由を挙げるとキリがないのですが、一番の理由を挙げるなら飲んでて調子が良いからです。

 

もちろん、飲んですぐに効果を実感したわけではありませんよ。

 

朝起きるたびに膝の動きが徐々にスムーズになっていったのが続ける理由になったと思います。

 

個人的な感想になるのですが、タマゴサミンをはじめとする軟骨系のサプリメントは何となく向き不向きがあると思っています。

 

いずれにせよ先入観で判断してしまうのは非常にもったいないことです。

 

なので、気になる製品があれば予算の許す範囲でなんでも試してみたら良いと考えています。

 

わたしの場合は一般的なグルコサミンやコンドロイチンを過去に試して、そこまで大きな効果を実感できませんでした。

 

なので、できるだけ吸収率の高そうな軟骨成分を摂取したいなとい潜在的な気持ちを持っていたのだと思います。

 

>>タマゴサミン公式サイト(最安値ページ)