タマゴサミン効果食後

タマゴサミンの効果を最大値まで引き上げる飲み方

タマゴサミン 

タマゴサミンを含むサプリメントのパッケージには、飲むタイミングなどが表記されていません。

 

実はこれ、薬事法に抵触しないためなんです。

 

サプリメントは薬とは違うので、用法用量を記載してはいけないことになっています。

 

なので、本当は吸収しやすい時間帯とかベストな摂取タイミングがあっても、企業側は公に書けないんですよね。

 

なんとも歯痒い感じですが、こういったことを知るとサプリメントの効果を高める飲み方が存在するのが理解できます。

 

栄養学的な視点で考えると、ほとんどのサプリメントは食後に飲むのがベストです。

 

食後は食物を消化吸収するために胃や腸などの消化器官が活発に働くため、サプリメントに含まれている栄養素も一緒に吸収されやすくなります。

 

反対にお腹が空いているときにサプリメントを摂取すると、なかなか栄養素が吸収されにくくなります。

 

とくにビタミンCなどの水溶性の栄養素は空腹時に摂取しても、吸収されることはありません。

 

よくビタミン剤などを過剰摂取すると尿が黄色くなることがあります。

 

あれは吸収されなかったビタミンB2(リボフラビン)が尿中に出てくるためです。

 

そういったことからも、サプリメントは食後に摂取したほうが効果が期待できることが分かります。

 

タマゴサミンのなかにはNアセチルグルコサミンやビタミンCが入っている

タマゴサミン 

タマゴサミンの中にはNアセチルグルコサミンという吸収率の高い最新のグルコサミンが入っています。

 

そして、そのNアセチルグルコサミンの吸収を高めるためにビタミンCや葉酸なども一緒に含まれています。

 

タマゴサミンのなかにはビタミンCや葉酸や卵黄成分が入ってるから、食後に飲まなくても良いんじゃないの?

 

そんなふうに思われるかもしれませんが、タマゴサミンはバランスのとれた食事と一緒に飲みあわせるようにしましょう。

 

バランスのとれた食事と一緒にタマゴサミンを取り入れることで、更に体内での利用率を促進することが期待できます。

 

タマゴサミンは魔法の薬ではありません

タマゴサミン 

映画やドラマのワンシーンで外国の方がハンバーガーなどのファーストフードを食べた後に、大量のサプリメントを口の中に放り込み、水で流し込んでいるシーンがあります。

 

そういった映像をみていると、サプリメントは魔法のような凄いものに見えてくるかもしれません。

 

ですが、残念ながらサプリは魔法の薬ではありません。

 

サプリメントは食事では摂取できない栄養素を効率よく体内に吸収させるための健康補助食品です。

 

やはり食事から、主食、主菜、副菜のバランスのとれた栄養素を摂ることが基本です。

 

サプリを飲んでいるからといって、ジャンキーな食生活をしても大丈夫というわけではありません。

 

タマゴサミンの過剰摂取は意味がありません

タマゴサミン 

タマゴサミンの1日の推奨摂取目安量は、1日に3粒〜6粒です。

 

早く効果を出したい気持ちが高まるあまり、たくさん飲みたくなるかもしれません。

 

ですが、サプリメントを過剰摂取しても吸収されないぶんは不要なものとして排出されます。

 

なので、1日に3粒〜6粒と記載されているのであれば、その範囲内で飲むようにしましょう。

 

私はサプリメントは量ではなく、飲み方で効果の出方に違いがでることを実証済みです。

 

例えばタマゴサミンを1日に6粒飲むことを日課にした場合は、6粒を晩御飯の後に飲むようなことはしません。

 

それだったら、少し面倒臭いですが、朝と昼と晩の食後に、それぞれ2粒ずつ飲んで吸収率を高める飲み方をします。

 

この飲み方をしばらく継続していけば、どれだけ鈍感な人でも何らかの変化を感じることができるかと思います。

 

タマゴサミンの効果が分からないと感じている方は、おそらく1度に大量に摂取されていることが予想されます。

 

タマゴサミンの効果を食後以外で実感するとしたら、いつがいいか?

 

ちょっとここでタマゴサミンの効果を高めるためのマニアックな飲み方をご紹介します。

 

人間の体は体温が高いほうが免疫力が上がりますし、病気に打ち勝てる能力もあがります。

 

体温が1度下がると、免疫力は30%も落ち込むことも報告されているくらいです。

 

体温の高い体というのは、血流がよく、全身に酸素と栄養が送り届けられやすい状態になっています。

 

つまり、免疫力を格段に引き上げる方法を知っていれば、サプリメントの効果をより一層引き出すことができるというわけです。

 

ちなみに食事をよく噛んで食べることは消化酵素の力によって免疫力を高めてくれるため、食後にサプリを摂るのは理にかなっています。

 

そしてもっとも免疫力が上がりやすいのは入浴です。

 

湯船に浸かることで、血流が促進されて体温が上がり、免疫力が一気に上がっていきます。

 

となると、サプリを入浴前に飲んで、お風呂に入れば、どうなるのか分かりますね。

 

全身の血流に乗っかって、サプリの栄養素がカラダの隅々にまで吸収される割合が高くなる可能性があります。

 

ちなみにタマゴサミンに含まれているカニやエビ由来のキチンという成分は空腹時に摂取しても吸収されにくい性質があります。

 

なので、入浴前であっても、タマゴサミンの空腹時の摂取は控えましょう。

 

また、ご飯を食べると消化吸収するために胃腸に血液が集中します。

 

胃腸に血液が集中した状態でお風呂に浸かると、胃腸に集まった血液が再び外に出ていきます。

 

これは消化器官に負担をかける行為となります。

 

食後に入浴をする場合は、最低でも2時間くらいは時間を空けるようにしましょう。

 

 

タマゴサミンの公式サイトからなら送料無料で購入することができます。

 

>>タマゴサミン公式サイト
(54%割引適用ページ・送料無料)