タマゴサミン効果 なし アイハ成分 ハスツー

タマゴサミンの効果に個人差が出てきてしまう理由について詳しく解説します

タマゴサミンを摂取して2週間くらいで膝の曲げ伸ばしがスムーズになる人がいます。

 

わたしもタマゴサミンの効果を検証するために公式サイトからタマゴサミンを購入しましたが、だいたい飲み始めてから1週間くらいで膝の動きが軽やかになりました。

 

私は最初の頃は毎食ごとに2粒を飲んでいたので、朝と昼と晩で合計6粒飲んでいました。

 

ですが、仕事の都合上、どうしても昼ごはんが抜けてしまいやすく、今は朝に2粒、夜に4粒といった配分でタマゴサミンを摂取しています。

 

以前までは目をつむって片足立ちをするとスグによろけていましたが、嬉しいことに痛めていた右脚のほうで2分以上片足立ちができるようになっています。

 

飲みはじめてから1回も飲み忘れること無く、1ヶ月半くらい飲んでいたのが良かったのかもしれません。

 

とはいえ、タマゴサミンを飲んでも効果を全くと言っていいほど実感できない人も実際にいらっしゃるようですね。

 

インターネットから調べた情報なので、2ちゃんねるや知恵袋のなかの情報がどれだけ正確なのかは分かりません。

 

ただ、わたしが何となく個人的に感じたのは、タマゴサミンを魔法の薬と勘違いして、数回飲んだだけで結論を出してしまっている人が効果がないと言っているような気がします。

 

事実タマゴサミンは薬剤ではなく、健康補助食品です。

 

タマゴサミンに頭痛薬や痛み止めのような効果を期待することは、どう考えても無理があるように感じます。

 

健康補助食品の最大のメリットは薬とちがって副作用などの心配がなく、安心して取り入れることができるからです。

 

とくにタマゴサミンは、関節のスムーズな曲げ伸ばしををサポートしてくれるアイハという卵黄から抽出した実績のある成分を使用しています。

 

そういった意味でも他の類似サプリメントと比較すると、圧倒的な実績と安心感があるのは間違いありません。

 

おそらくですが、飲んだり飲まなかったり、不摂生な食生活や睡眠不足などを送っている人が効果を感じにくいのではないかと思います。

 

タマゴサミンの効果を早くに感じるために実践できること

 

タマゴサミンのなかには、Nアセチルグルコサミンというグルコサミンのなかでも、純度が高くて吸収されやすい軟骨成分が配合されています。

 

タマゴサミンの栄養成分表示欄を見ると分かるのですが、3粒あたりにつきNアセチルグルコサミンが400rも入っています。

 

わたしは毎日欠かさず6粒飲んでいるので、Nアセチルグルコサミンを1日に800r摂取していることになります。

 

そこにプラスして新成分である卵殻膜U型コラーゲンのアイハと鶏足抽出物のハスツーが50rずつ入っているので、軟骨サポート成分のクオリティーでいうと鬼に金棒状態です。

 

ですが、これらのサポート成分を有効活用できるかどうかは、個人の努力次第です。

 

というのも、食生活や睡眠の質、運動習慣などによって、タマゴサミンの効果の感じ方が大きく変わってくるからです。

 

例えば、タマゴサミンのなかに含まれているカニ由来のNアセチルグルコサミンは、一般的なグルコサミンよりも純度が高く吸収されやすい特徴があります。

 

ですが、いくら吸収されやすいからといって、空きっ腹の状態でビールでタマゴサミンを流し込むとどうでしょうか?

 

おそらくそんな無茶な飲み方をする人は居ないかもしれませんが、このような飲み方は間違いなくタマゴサミンの効果を下げる飲み方です。

 

少し極端な話をしてしまいましたが、健康補助食品は薬とは違うため、法律の加減で具体的な用法用量はパッケージに記載できないことになっています。

 

ですが、栄養学的には吸収率を大幅に高めるためには、食後に飲んだほうが吸収されやすいので、空腹時に飲むのはもったいないことです。

 

タマゴサミンの表のパッケージには、食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。という表記がされています。

 

この表記に書かれているように、5大栄養素をバランス良く摂取して体内環境が整っている人のほうが、偏食で栄養状態がわるい人よりも効果が期待できるは、おそらく誰でも理解できることだと思います。

 

こういった日々のちょっとした違いが塵も積もれば山となるの理論で大きくなっていくと、結果としても大きな違いがでてきます。

 

カップヌードルやスナック菓子などの加工食品や嗜好品を食べてばかりの人が運動もろくにせずに寝不足状態でタマゴサミンを空腹のときに飲んでいたら、大した効果はでないと思います。

 

栄養学的な観点から考えると、やはり普段から野菜や果物などから酵素をしっかり摂取している人ほど体内環境が整っているので、効率的に栄養素が吸収されやすい状態にあると言えます。

 

栄養・休養・運動と三拍子そろった規則正しい生活をしながら、タマゴサミンを活用すれば、さらに大きな効果が期待できるのではないでしょうか。

 

私がタマゴサミンの効果を検証するキッカケになったのは、わたしが中学生の頃に勉強を教えてくれていた80代の女性(塾の先生)です。

 

塾の先生は色んな健康補助食品を試していたので、当時タマゴサミンのことを聴いたときは胡散臭いなと思って、反対するつもりでいました。

 

ですが、ファーマフーズさんの理念や開発者の青笹さんの研究や論文成果を見るにつれて、タマゴサミンのことが好きになって、今に至ります。

 

高校時代にサッカーで膝を痛めてからグルコサミンやコンドロイチンを試したことがあったのですが、タマゴサミンの効果を実感してからは、手放せなくなっている状態です。笑

 

私が実際にタマゴサミンを購入して写真付きで飲み方を解説させていただいてますページはコチラにございます。

 

もし、お時間があれば目を通して頂ければと思います(^^)